包茎手術 改善(僕のちんこ記)

こんにちは。管理人のチン太です。<(_ _)>

 

ちんこが小さいことがそもそもコンプレックスだったわけですが、その生い立ちについて書いておきます。ちんこが小さいことで悩んでいるあなたの勇気になれば幸いです。

 

そもそも、僕は包茎でもありました。そして、写真を見ればわかるように若干右に曲がってる曲がりちんこの持ち主でもあったんです。

 

どちらかと言えば、小学校や中学時代はちんこが小さいというより、曲がってるちんこの方が僕にとってはコンプレックスでした。

 

その時は周りも殆ど包茎でしたからね・・・逆に剥けちんこの奴は浮いてる存在で恥しそうにしてたぐらいですし・・・・でも、成長するにつれ、むしろ皮を被ってることの方がとても恥ずかしいことに気づくんですね。

 

そもそも、SEX経験も20歳を過ぎてから風俗の女の人がはじめてだったというウブ過ぎる僕は、包茎がイケてないことも気づけなかったんです。決してモテなかったわけではないんですが、かなり女性に対して消極的だったということです。

 

自作の包茎改善グッズを開発し、挫折を繰り返し、包茎手術へ。

 

包茎が無事治り、コンプレックス解消したと思ったら、今まで皮を被っていたせいか亀頭の小ささが際立ち増大に興味がシフトしました。

 

初めて買ったサプリメントで軒並み失敗。増大サプリメントでは絶対大きくならねぇ!・・このときサプリメントに騙されたと思っていました。

 

結婚を機に増大熱は冷めたんですが、ふとしたきっかけで、また再燃しましたね。

 

そして今・・・ちんこのコンプレックスを解消した。。。

 

というあらすじです。ここまで結構僕はちんこに対しての悩みが深かったんですね。より詳しく読みたい人だけ下記に進んでください。

小学校の時の悩みはもっぱら右曲がり

 

僕の小学校時代はちんこをひた隠しにしていました。理由はちんこが右に少し捻り曲がりしていたからです。

 

小学生の僕は、周りと自分が異なるということがかなり敏感になってたので、ちんこが曲がってるってのは自分にとっては相当深いコンプレックスでした。今となってはど~でもいいことなんですけどね。。。(´・ω・`)

 

包茎の小学生ぐらいのちんこだと、結構曲がりが目立つんですよ・・・当然、周りは殆ど包茎だったので、包茎に対するコンプレックスはなかったです。

 

曲がってるのがコンプレックスっていうのはハタチ過ぎてもずっとありましたね。。。

 

まぁ、今となってはどうでもいいことなんですけど。

 

初めて覚えたオナニーがそもそも間違ってた・・・

 

 

そんな小学校時代を経て、中学生に。中学生になるとオナニーを自然と覚えます。

 

家でゴロゴロしていたときに、ふとちんこをぐいぐいと押しつけるとなんか (*´Д`)ハァハァ...するなぁ。。と。その快感から入ったもんだから、もっぱらオナニーは床にこする派タイプでありました。(*´д`*)

 

オナニーは右手で刺激を与えるものだと知ったのはずいぶん後の話です。

 

一番の成長期にちんこに満足に刺激を与えず、ぬる~~い環境下でオナニーをしている状況でペニスが成長するはずもなく・・・

 

そして、自然と皮が剥ける時期において、僕は包茎から剥けちんこになるのが恥ずかしいことだと思ってました。

 

なので、自然と剥けるちんこの皮を風呂場であえてひっぱって包茎を演出するようにしてたんですね。

 

 

これ、毎日です。

 

 

中学校の終わりごろには、皮が伸びきって非常に見栄えの悪い包茎野郎になっていました。しかも、ちんこは小さいんです。

 

高校生になっても、そんな感じで過ごしていました。。(´・ω・`) ショボーン

 

その頃、ちゃんと剥いていればちんこが小さいコンプレックスは解消されていたのかもしれません・・

 

包茎は恥ずかしいと悟った。

 

 

そんなこんなで、成長していったんですが、包茎が恥ずかしいということをやっと知りました。

 

でも、これ社会人になってから強く意識したぐらいで、かなり遅かったです。

 

そもそも、僕は女性とSEX経験がかなり遅かった為包茎に対して疎かったんですね。|右曲がりのコンプレックスもあったのもありますが・・・

 

 

 

 

 

ただ、その時はちんこが小さいというよりは包茎と右曲がりのコンプレックスだけだったので、自分で自作の包茎改善グッズを作ってちんこにハメたりしてなんとか自然に包茎が改善されないか日々工夫をしていました。

 

例えば、プラスチックの輪っかを自分のちんこに合わせて火で炙って調整して、それを亀頭のくびれのところにつけて皮が常に剥けているようにしてました。

 

↓こういうプラスチックの輪っか
僕のちんこヒストリー

 

自分的には結構良かったんですが、何ヶ月かしてても改善されなかったので断念。(´・ω・`)

 

 

そして、次はトランクスのボタンのところに、コンドームのゴムの部分を縫い付けて、そこから亀頭部だけを露出するという方法も試しました。

 

イメージ的には下に近いです。。

 

これも何ヶ月か試したんですが、めんどくさくなって止めました。(´・ω・`)

 

 

今ではe具として軽い包茎なら治るものがあるようですが・・・

 

僕のちんこヒストリー

 

 

彼女がいない時代は包茎でもよかったんですが、女性とSEXすることを覚え、女性に消極的でなくなってきたんですね。

 

彼女ができはじめたり、他の女性とSEXするようになって、包茎であることが耐えられなくなってきました。

 

お風呂一緒にはいるにも、明るいところだとみられるの嫌だし、仮性包茎だったこともあり、彼女に見せるちんこは勃起してるときばっかなのでその時は剥いて包茎でない状態でSEXしていたりと、かなり苦痛でした。

 

 

これは、あかんな・・・(*´д`*)

 

 

 

遂に包茎手術に踏みきります!

 

 

26,7歳ぐらいだと思うんですが、ついに包茎手術をすることにしました。包茎手術の病院って、結構手術するまでの流れが巧みですよ。

 

最初は、無料相談みたいな感じで病院にいったんですが、そこで、専門のカウンセリングの男の担当がつきます。

 

僕の悩みを洗いざらい聞いてくれて、親身になってくれるんですね。で、実際その男の人に自分のペニスを見せて手術への抵抗を無くさせます。

 

手術に対するネガティブな反論を丁寧に潰されました。(lll゚Д゚)ヒィィィィ

 

 

その時、包茎がたたって、コンジロームというブツブツもできていたので一緒に治療することになりました・・・

 

僕のちんこヒストリー
 ※コンジロームは亀頭の裏側にできるブツブツですね。結構多いらしいです。

 

 

 

包茎手術はその日にすぐ行われました。ただ、カウンセリングの男性は、こちらがコンプレックスだとわかってるので非常に細やかな配慮が行き届いていたんですが、

 

 

助手が女です。

 

 

これはさすがにキツかったですね・・・

 

 

下を脱いだ状態で手術台に仰向けにされ、目だけはガーゼで目隠しされましたけど、助手の女のヒソヒソ話が丸聞え・・・

 

「私、こんなの結構マジマジ見ちゃう方なんだよね・・・」

 

みたいな軽口が聞えてきます。イラっとしましたが、怒る勇気もなく死ぬほど恥ずかしかったです。。。

 

ただ、それでも手術は無事終わり、コンジロームもテコで焼き入れしてもらいました。

 

さらに、ちんこが常に奥に隠れるので、ペニスを引き出す手術もしておきますか?と言われ、長茎術もやることになりました。
僕のちんこヒストリー

 

この手術は、ペニス自体を大きくするというのではなく、奥に隠れないように引き出すという手術です。紐でペニスを引き出した状態にするらしいです。

 

 

右曲がりのチンコも若干まっすぐになる感じで縫い合わされ、無事手術は成功。

 

包茎手術
コンジロームの完治手術
長径手術

 

一気に3つの手術を完了し、コンプレックスとおさらばです。

 

ただ、後から、包帯をとったときに裏からみたちんこが右曲がり強制を考えて縫われていたので、かなり歪に見えて再度クレームを言いに病院に行ったんですが医者から、
 
「普通に塗ったら、余計右に曲がるからそれぐらいがベストなんですよ」
 
と説明を受けて妙に納得して消毒だけして帰ってきたという後味悪いことにはなりました・・・

 

 

2ヶ月ぐらいだったかは、ペニスをガチガチに包帯で固定した生活を強いられました。

 

 

これ、結構辛いです。

 

 

ガチガチなので、ペニスが鬱血するんですよね。今でも鬱血したあとがうっすら残っています。

 

その時、彼女も居たんですが、会うとSEXを常にしていたので、ひたすら避けてました。 彼女にも包茎手術は内緒にしてましたし、彼女は僕のちんこが包茎だと思ってなかったので。

 

 

包帯がとれ、傷口が癒えてから、オナニーもできるし、そろそろいいかな?と思って彼女と超久しぶりにSEXすることに・・・

 

彼女はもう別れるつもりなのかと思っていたので、その時にSEXがかなり激しくて・・・(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ

 

騎乗位でガンガン腰をふられてお蔭で癒えたはずの傷がバックり割れて血だらけになりました。ww Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

 

彼女は自分の膣内が擦れて血がでたのと勘違いしてましたが・・・とにかく、これで僕にコンプレックスは無くなったと感じた出来事でした。

 

しかし、ちんこは小さかった・・・

 

 

ちんこの手術は終わったんですが、包茎じゃないことに慣れたときに自分のちんこがかなり小さいことを再認識しました。

 

包茎じゃなくなったら、亀頭がパンツに擦れて大きくなるだろうと思っていましたが、それは思春期だけであって、一向にペニスが大きくはなりません。今まで包茎だった分、亀頭がかなり未成熟で小さいんです。ちんこ自体も小さいですしね。。

 

そんな時に、彼女と別れることになって・・・でも、別れてからも何度かSEXはしてたんですよね。で、彼女の方も彼氏ができたりしたときに、改めて

 

 

チン太君って結構サイズ小さい方だったんだね・・・

 

 

みたいなことを冗談交じりで言われたんです。(ノдヽ)

 

彼女が新しく付き合った男がそれなりに大きかったのを見て、自分と交互にSEXしていたので、よりその違いが際立ったようです。。。

 

「ああ、そうそう。俺って小さいよ。でもその分テクニックでカバーするけどね。」

 

と反論しました。実際、テクニックで満足させてる自信があったのもあったので。

 

でも、実はかなりショックで、このことをきっかけに他人のちんこと自分のちんこをより見比べるようになりましたね・・・(´・ω・`) ショボーン

 

はじめて増大サプリメントを買ってみた。

 

 

当時の彼女に言われたことがショックで、なんとかちんこが大きくならないものか考えてました。さすがにシリコンとか入れてペニスを増大しようとは思わなかったですが、何かないかなぁ。。と。

 

そんなとき雑誌広告にある増大サプリメントという存在に目がいきました。

 

最初はネット通販でたぶんシトルリンXLだったと思いますが、それを1箱思い切って購入してみたんです。そのときはまったく効果でず・・・もう一つ違うのを購入したんですが、それも効果がでませんでした・・・

 

精力剤が合わなかったのか、どうかはわかりませんが、当時の僕は不摂生の塊。

 

毎日カップラーメンだったし、タバコ吸ってたし、夜更かししてるし。運動してないし・・・たぶん、自分の問題が大きいと思います。

 

 

それでも、そこは悪いと思わず、増大サプリメントは嘘ばっかとそれ以来、増大サプリメントには手を出すのをやめました。

 

そして、結婚へ・・・

 

 

それから、今の奥さんと出会い、無事結婚することなりました。結婚したら、ちんこの事なんてど~でもよくなったので、自分のコンプレックスとしてはほぼ忘れている状態に・・・

 

 

ずっと興味なかったんですけどね・・・

 

 

何がきっかけか忘れたんですが、またネットでちんこを大きくする系の情報を見るようになって、風船理論なるものがあるというのを知って、再度チャレンジしてみようと思い立って、今に至る感じです。

 

 

 

 

僕はちんこが小さいということで、自作でペニス強制器具を作ったり、実際に包茎手術や長径手術を経験したりそして、そこからペニス増大サプリメントを使ってみたりといろんな経験を経て、今のちんこになっています。

 

ちんこに関してはまじめに報告したいと思っています。

 

おそらくちんこに悩みを持ってる包茎の人やちんこ自体が小さい人は僕と重なるような経験や思いがあると思います。ちんこを大きくすることで、周辺の何か変わるかと言えば。。。

 

 

何も変わりません。( ´∀`)

 

 

ただし、

 

 

自分の内側の自信は変わります。

 

 

 

持ってないから使えないという気持ちより、持ってるけど使わない気持ちと言ったらわかりますか?

 

僕はちんこがリニューアルされる度に、すがすがしい気分を味わいました。コンプレックスがないというのは、自分に自信がでてきます。

 

こんな「チン太」ですが、宜しくお願いします。<(_ _)>

 

トップへ戻る